クリニックの環境でレーシックの失敗例


クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:20140829


今まで順調に育っていた半年になる女の子が
突然全く母乳を飲んでくれなくなったのは、
去年のお正月のことでした。

おっぱいを吸うどころか
「ギャーギャー」とかんしゃくを起こした様に泣き出し、
そんな日が二日も続いていました。

お正月という事もあり、
かかりつけの産院も開いておらず、
知り合いの紹介で藁にもすがる思いで
車を1時間走らせ、助産院に行く事になりました。

行ってみてびっくり、
その助産院の助産婦さんは、
八十八歳のおばあちゃんだったのです。

泣き叫ぶ女の子をわたしの隣りに寝かせ、
母乳マッサージをしながら、
ゆっくりとした口調でわたしに話しかけてきました。

「この子は何でこんなに泣いているのかわかるかえ?」
「たぶん、お腹がすいているのだと思うのですが…」
「あんた、二日前、ごはん何食べた?」
「えっ、ごはんですか?」

変な質問するなぁ…と、
わたしは疑問に思いましたが、助産婦さんは続けました。

「母乳はな、血液なんよ。
だから、母親が食べた物がエネルギーになり血になるんや、
それが母乳になり、赤ちゃんのごはんになるんよ。
母親がみかんを食べ過ぎれば、オレンジ色の母乳が出るし、
カレーを食べれば、カレー味のまずい母乳になるんよ。
赤ちゃんは、おいしい、おいしくないが分かっているんよ」

その言葉に、わたしは全身が凍りつきました。
確かにわたしは二日前カレーを食べていたのです。

まさか、たった一度の食べる事で
二日間も女の子を苦しめていたなんて…

母乳マッサージを終え、
泣き叫ぶ女の子を抱き母乳を飲ませました。

あんなに嫌がっていたのに、
わたしの目を見ながら、
女の子はお腹がぱんぱんになる位おっぱいを吸い、
すぐにすやすや眠り始めたのです。


目の病気や疾患を持っている人 最も適した治療方法をまずは探す 妊娠中や授乳時期のレーシック 治療費用でクリニックを比較しよう