クリニックの環境でレーシックの失敗例


クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:20151217


あたしは両親と離れて住んだことが今までない。

生まれた時からあたしが21歳になるまで、
一番長い時間離れていたのは
あたしが修学旅行に行った時の5日間ぐらい…

特に、
あたしと母親の関係は特別で、
あたしのお子さんの頃のあだ名は
「母親のしっぽ」だった。

ただの一秒も
母親のそばを離れないということから、
誰かが私につけたあだ名だ。

だが、あたしも年を重ねると、
母親のそばにいつも一緒にいるのは
だんだん難しくなった。

学校の授業、仲間との遊び、サークル活動、バイトなど
あたしと母親の間にはいろんな邪魔者が増えてきた。

そんな中…
あたしの一年間の交換留学は、
両親にとって「衝撃的なニュース」であった。

自分の女の子が外国で暮らす…など
想像もつかないことだった両親。

しかし、
両親は笑顔であたしに「さようなら」を言った。

別れの時、あたしは馬鹿みたいに空港で、
「わああんわああん」
声を出して泣いてしまった。

お父さんはおととし退職。
貧しくはないが、決して裕福ではない家庭、
これがあたしの家庭だ。

また、今まで離れて暮らしたことない女の子を、
外国に送り出す両親の心はどうだっただろう…
彼らも心の涙を流したはずだ。

飛行機の中であたしは決意した。
これから、一人で立ってみよう。
両親に絶対心配をかけない。

そこで、考えたのは
自分の生活費は自分で稼ぐこと。

あたしには何も言ってくれないが、
お父さんも退職したことだし、
きっとお金の問題があるはずだと思って
バイトをすることにした。

バイトができる資格証をもらった後で
あたしはすぐバイト先を決めた。

ホテルでのバイトとレストランでのバイト。
二つのバイトは簡単ではなかったが、
生活費には充分だった。



目の病気や疾患を持っている人 最も適した治療方法をまずは探す 妊娠中や授乳時期のレーシック 治療費用でクリニックを比較しよう