角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

レーシックの手術を受けることが出来ないケースとして、まず挙げられるのは角膜の厚みが足りない方となります。
自分の角膜は事前の検査によって知ることが出来るので特に問題はありません。

 

レーシックの手術では、角膜の形をレーザーによって調整をしていくことになります。
目に入ってくる光の屈折する角度を調節していき、視力を矯正するという手術方法なので角膜は非常に重要な部分となります。
レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。 レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます。
この角膜の厚みが十分にあるかどうかということを、クリニックではしっかりと検査してくれます。

 



角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:20171016

水はの身体中では
血液や皮膚、筋肉、臓器、骨、などあらゆる場所にあり、
成人では身体の約6割が水分で構成されています。

24時間に必要な水分量については諸説あり、
一概にこれだけと言い切れませんが、
人間の身体は安静にしていても最低1200mlは必要なので、
24時間あたり、
1500ml(1.5L)〜2000ml(2L)の水分補給が望ましいとされています。

24時間で身体から出て行く水分は
便と尿で1400ml、汗と呼気で900ml…
合計2300mlの水分が排出されています。

ですから、
失われる水分を補給する意味でも
24時間2Lの水分は必要ということになりますね。

でも、
その2Lをすべて「飲む水分」と考えなくても大丈夫です。
食べ物からも水分が得られます。

野菜やフルーツにも多くの水分が含まれていますし、
お米もご飯になると水を含むので
水分は約4倍に増えます。

また、
出て行く水分も多く
意外に思われるかもしれませんが、
意識しなくても身体は、
身体の中の水分量を一定に保ってくれているのです。

おすすめの水分補給のタイミングは
あさ目覚めたとき・お風呂の前後・寝る前、
あとは喉が渇く前に少しずつこまめに飲むのが無理なく続けられますよ。

水道水は、
一度沸かした湯冷ましの方が有害物質が抑えられます。
お気に入りのミネラルウォーターを見つけるのもいいですね。
ジュースや甘い飲み物は嗜好飲料に分類されますので
楽しみ程度にしておきましょう。

水分を味方につけて
身体の中も外もきれいにしていきたいですね。

応援クリックしてね・・・プチ


目の病気や疾患を持っている人 最も適した治療方法をまずは探す 妊娠中や授乳時期のレーシック 治療費用でクリニックを比較しよう