ドライアイでもレーシックを受けられる

レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいることでしょう。
このドライアイとなってしまっている人は残念ながらレーシックを受けることが出来ないこともあるのです。

 

ドライアイというのは、長い時間目を開けていることが出来ずに、しょぼしょぼと異物感があったりする目の状態のことを言います。
これは長時間パソコンのモニターやテレビを観ている人たちに多くなっている症状です。
視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。 ドライアイになっている方でも、レーシックの手術を受けることは基本的には可能となっています。
ただしドライアイにも程度があり、重い強度のドライアイではレーシックを受けることが出来ないこともあるのでご注意ください。

 





脱毛 心斎橋
URL:http://datumou-chihou.com/osaka/
脱毛 心斎橋の専門


ドライアイでもレーシックを受けられるブログ:20171011

みなさん
おっはー

「3歳でめがねをかけるのかあ…」
ため息をつきながら、幼いむすこの手をひいて
眼科指定の眼鏡店に向かったのは、かれこれ4年前のことです。

むすこは生まれつき片目の視力の発達が悪くて、
眼鏡治療をすることになったのです。

その時、俺の頭にあったのは、
「めがねをかけるとかわれるだろうなあ」
という思いでした。

実際、近所の悪ガキどもには、いろいろ言われました。
メガネザルはもちろん、のび太、とか、おいメガネ、とか…

でも眼鏡治療のかいあって、
むすこの視力は無事に発達してきました。

最初は我が子がめがねをかけることに抵抗があった俺ですが、
めがねのおかげで学びんだこともあったし、
いろいろ面白い体験もしたなぁと思っています。

1個目のめがねは、むすこが公園で遊んでいる時に、
他の娘とおでこをこっつんこした拍子に、
真ん中でぱっきり二つに折れてしまいました。

痛いのとめがねが壊れたのがショックで泣きじゃくるむすこ、
4万円もするめがねを買い替えねばならないことをとっさに考えて、
ボー然とする俺。

あの冬の夕方の光景は忘れられません。
でも決して嫌な思い出ではないのです。
どちらかというと「クスッ」となる思い出で、
よくできたコメディ・タッチの映画の一場面のように心に焼き付いています。

その後作った2つ目のめがねは、
ある日ちょっとはずして公園のベンチに置いたのが紛失し、
1ヶ月後ベンチ脇の砂場から出てきました。

多分、よその娘が、
「ちょっと困らせてやろう」ぐらいの
イタズラ心で砂に埋めたのだろうと思います。
まさか4万円もするめがねだとは思ってもみなかったんでしょうね…

さあご飯食べよ〜っと。



目の病気や疾患を持っている人 最も適した治療方法をまずは探す 妊娠中や授乳時期のレーシック 治療費用でクリニックを比較しよう